2007年04月01日

水と歴史

水(氷)の研究史

17世紀初頭: ベルギーのファン・ヘルモントは植物成長に関する実験により、水を元素と結論づけた。

あらかじめ重量を測定した鉢植えに水だけを与え、4年後に重量を測定すると重量が増加していた。

すなわち水元素が木元素に変換したことになる。

ヘルモントはガスという用語を作り出している。

ビールの発酵、石炭の燃焼、炭酸塩から発生するガスが全て同じものであり、命名もしていたが、彼自身の実験と彼のガスの関係には気づいていなかった。


1765年: イギリスのキャベンディッシュ、水を材料に熱の研究を行ない、蒸発熱や潜熱を測定している。


1766年: キャベンディッシュ、「人工空気の実験を含む三論文」を発表。第一論文で「可燃性空気」すなわち水素の発見を発表。

ただし、水素の燃焼物が何であるかを理解していなかった。


1781年: 酸素の発見者の一人イギリスのプリーストリーは水素の燃焼物が水であることを見いだし、キャベンディッシュに確認を求める。


1784年: キャベンディッシュが「空気に関する諸実験」を発表。

水の組成を確認する実験について記述されている。

実験には2年を要した。

水素と酸素を電気火花によって反応させると大量の反応熱を出すため、生成物にどうしても窒素の酸化物である硝酸が混入してしまうためであった。

彼の論文では水素と酸素を可燃性空気と脱フロギストン空気としているものの、水素2容積と酸素1容積から水が生成することを確認している。

フロギストンによらない説明を最初に与えたのは酸素という名を命名したラボアジェであった。


1785年: ラボアジェが赤熱した鉄管に水を通すと水素が発見することを示し、水素、酸素こそが元素であって、水は化合物であることを最終的に確認した。


1791年: イタリアのボルタが酸素と水素が一定の比率で化合する性質を利用し、逆にこれらの気体の分量を測定するユージオメーターを開発した。


1800年: ボルタ、化学反応による電流の発生に成功。ボルタの電堆(電池)と呼ばれる。


1801年: イギリスのウィリアム・ニコルソン、ボルタの電堆を用いて、初めて水を電気分解した。陰極に水素が2容積、陽極に酸素が1容積発生することを示した。


1920年: この頃までに水素結合の概念が提唱される。


1933年: バナールが、水のX線構造解析を行う。


1935年: ポーリング、氷の残余エントロピーの理論。


1936年: 中谷宇吉郎、雪の結晶を人工的に世界で初めて作成する。


1958年: アイゲン、水中のプロトン移動に関するモデルを提唱する。


1971年: ラーマンにより、水の分子動力学法によるシミュレーションが行われる。


1971年: ペイジが、水の中性子による構造解析を行う。


1994年: 三島修が、 2 つのアモルファス氷の間(低密度⇔高密度)の一次相転移を発見。
posted by アルピナ水 at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。