2007年04月27日

ミネラルウォーター関連ブログ

健康アドバイス・・・時間の余裕/バリ島??リッツカールトン バリ リゾ.../コーヒー♪/この'ミネラルウォーター'、めちゃうま.../ガイアナ/ダイエットは誘惑との戦い/5月5日/ティータイム講座・1/'ミネラルウォーター'/話題の超セレブ水・Fillicoって...../ゲロゲロちょんちょん/還元水、おすすめ浄水器|ミネラルウ.../還元水、おすすめ浄水器|ミネラルウ.../還元水、おすすめ浄水器|ミネラルウ.../還元水、おすすめ浄水器|ミネラルウ.../Jリーグ/ばとんぬ3/還元水、おすすめ浄水器|ミネラルウ.../新製品発売についてNO2/(・∀・)★蒸し猿 ホットヨガ/その他の観察/(お徳用ボックス) ボルヴィック 500ml.../飲む温泉♪/ウォーターランキング:お気に入りの.../【volvic】フルーツキス レモン/gallon/800円のミネラルウオーター/スパポイント ブログ/これはユニーク!-癒しのフラワーエ.../家内制手工業/ファンタスティポ/無香料生活、始めました。/言ってる場合じゃない/いゃー!いぃねホント♪/トレーニングにWiiを活用/東京で富山の水/カクテルの話(2) ミントジュレップ/'ミネラルウォーター'/新フレーバー/水飲みたった1週間で長年悩んでいた.../イエローアラート??/[ダイエット通信]紀香は止めた!"半身.../お手伝いさんの想い出 最終回(タイの.../1日目? 実家⇒成田空港⇒飛行機内/最高/純度100%有機ゲルマニウム水で体.../☆ドリンク☆/俺の時間www/こりゃないよ
posted by アルピナ水 at 10:06 | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名水20選!

名水百選というのがあるが、それは1985年3月に環境庁(現在の環境省)が選定した、全国各地の「名水」とされる100か所の湧水・河川(用水)・地下水である。

今回は20個を書き出してみました!



1 羊蹄のふきだし湧水 湧水 北海道虻田郡京極町
2 甘露泉水 湧水 北海道利尻郡利尻富士町
3 ナイベツ川湧水 湧水 北海道千歳市蘭越
4 富田の清水 湧水 青森県弘前市紙漉町
5 渾神の清水 湧水 青森県平川市唐竹
6 金沢清水 湧水 岩手県八幡平市松尾寄木
7 龍泉洞地底湖の水 湧水 岩手県下閉伊郡岩泉町
8 桂葉清水 湧水 宮城県栗原市高清水桂葉
9 広瀬川 河川 宮城県仙台市
10 六郷湧水群 湧水 秋田県仙北郡美郷町
11 力水 湧水 秋田県湯沢市古館山
12 月山山麓湧水群 湧水 山形県西村山郡西川町
13 小見川 湧水 山形県東根市羽入
14 磐梯西山麓湧水群 湧水 福島県耶麻郡磐梯町
15 小野川湧水 湧水 福島県耶麻郡北塩原村
16 八溝川湧水群 湧水 茨城県久慈郡大子町
17 出流原弁天池湧水 湧水 栃木県佐野市出流原町
18 尚仁沢湧水 湧水 栃木県塩谷郡塩谷町上寺島
19 雄川堰 用水 群馬県甘楽郡甘楽町
20 箱島湧水 湧水 群馬県吾妻郡東吾妻町箱島








そうそう・・・

余談ですが、「アルピナ水」を飲んでみました!

最近、ホントに色々なとこで見かけます。




んで、やっぱり・・・


アルピナ水はうまいですね!


水道水と比べるのはどうかと思いますが、やはり匂いもなく

スッキリとした味わい(?)でした(≧▽≦)


しかも、料理にもいいみたいです♪

アルピナ水で料理をすれば、凄くおいしいものが出来そうですね(≧▽≦)


こんどやってみようっと♪



参考サイト



アルピナウォーターHP







posted by アルピナ水 at 04:14| Comment(8) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

ミネラルウォーター一覧

代表的なミネラルウォーターをまとめてみました!



硬水

パラディーゾ(PARADIZO)
エビアン
ヴィッテル
コントレックス
ペリエ
サンペレグリノ
OXYGIZER
クールマイヨール
ゲロルシュタイナー



軟水

ボルヴィック
六甲のおいしい水
クリスタルガイザー
梵珠百水(モンドセレクションで、グランドゴールドメダルを5年連続受賞、国際最高品質賞受賞)
VOSS
アクアパンナ
サントリー天然水
日田天領水
大峯山神泉洞の水
マサフィー
温泉水99
高牧の森の水

posted by アルピナ水 at 04:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

水と歴史

水(氷)の研究史

17世紀初頭: ベルギーのファン・ヘルモントは植物成長に関する実験により、水を元素と結論づけた。

あらかじめ重量を測定した鉢植えに水だけを与え、4年後に重量を測定すると重量が増加していた。

すなわち水元素が木元素に変換したことになる。

ヘルモントはガスという用語を作り出している。

ビールの発酵、石炭の燃焼、炭酸塩から発生するガスが全て同じものであり、命名もしていたが、彼自身の実験と彼のガスの関係には気づいていなかった。


1765年: イギリスのキャベンディッシュ、水を材料に熱の研究を行ない、蒸発熱や潜熱を測定している。


1766年: キャベンディッシュ、「人工空気の実験を含む三論文」を発表。第一論文で「可燃性空気」すなわち水素の発見を発表。

ただし、水素の燃焼物が何であるかを理解していなかった。


1781年: 酸素の発見者の一人イギリスのプリーストリーは水素の燃焼物が水であることを見いだし、キャベンディッシュに確認を求める。


1784年: キャベンディッシュが「空気に関する諸実験」を発表。

水の組成を確認する実験について記述されている。

実験には2年を要した。

水素と酸素を電気火花によって反応させると大量の反応熱を出すため、生成物にどうしても窒素の酸化物である硝酸が混入してしまうためであった。

彼の論文では水素と酸素を可燃性空気と脱フロギストン空気としているものの、水素2容積と酸素1容積から水が生成することを確認している。

フロギストンによらない説明を最初に与えたのは酸素という名を命名したラボアジェであった。


1785年: ラボアジェが赤熱した鉄管に水を通すと水素が発見することを示し、水素、酸素こそが元素であって、水は化合物であることを最終的に確認した。


1791年: イタリアのボルタが酸素と水素が一定の比率で化合する性質を利用し、逆にこれらの気体の分量を測定するユージオメーターを開発した。


1800年: ボルタ、化学反応による電流の発生に成功。ボルタの電堆(電池)と呼ばれる。


1801年: イギリスのウィリアム・ニコルソン、ボルタの電堆を用いて、初めて水を電気分解した。陰極に水素が2容積、陽極に酸素が1容積発生することを示した。


1920年: この頃までに水素結合の概念が提唱される。


1933年: バナールが、水のX線構造解析を行う。


1935年: ポーリング、氷の残余エントロピーの理論。


1936年: 中谷宇吉郎、雪の結晶を人工的に世界で初めて作成する。


1958年: アイゲン、水中のプロトン移動に関するモデルを提唱する。


1971年: ラーマンにより、水の分子動力学法によるシミュレーションが行われる。


1971年: ペイジが、水の中性子による構造解析を行う。


1994年: 三島修が、 2 つのアモルファス氷の間(低密度⇔高密度)の一次相転移を発見。
posted by アルピナ水 at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。